不眠の子守唄

書評ブログ。たまに本以外も。読書は海外文学、音楽は洋楽多め。不定期更新

2021-01-29から1日間の記事一覧

宇佐美りん『推し、燃ゆ』は、若者だけの話ではない【感想・考察】

芥川賞になった『推し、燃ゆ』を読んだ。 結論から言うと、主人公にあまり共感は出来なかった。だが、主人公に共感できないというのは、小説が面白くないということではない。小説としては「推し」という現代的なテーマを純文学で描いたという点で画期的で、…