不眠の子守唄

書評ブログ。たまに本以外も。読書は海外文学、音楽は洋楽多め。不定期更新

サイエンス

科学についての本などについてまとめています。

前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』感想・書評ー「バッタ研究者」奮闘の裏の悲壮な現実

私は大学院生である。それも、世にも珍しい文系大学院生である。 文系大学院生になってから、いつになったら定職に就けるのか不安で不安で仕方がない。ならば大学院など行かなければ良いではないかといわれそうだが、そういわれるとしんどい。 大学院生は大…

「食品物理学」から食べ物の秘密に迫る良書!ー上野聡『チョコレートはなぜ美味しいのか』感想

貴方はチョコレートが好きですか? 好きならば、なぜ好きなのですか? どのようなチョコレートが好きなのですか? もしかすると、この上野聡「チョコレートはなぜ美味しいのか」は、この問いに対して科学的な答えを与えてくれるかもしれない。チョコレートを…

「科学」と「宗教」「神」は両立しうるのか?ー三田一郎『科学者はなぜ神を信じるのか』書評・感想

三田一郎「科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで」を読んだので感想を記す。 「科学者はなぜ神を信じるのか」概要 キリスト教信仰のもとに成り立った近代科学 現代の科学者と「神」の関係 「弁神論」としての本書と物理学