不眠の子守唄

書評ブログ。たまに本以外も。読書は海外文学、音楽は洋楽多め。不定期更新

中南米文学

中南米の文学作品をまとめています。

【文庫1冊以内】初心者におすすめの海外文学10選!

海外文学は、長くて読み始めるのに勇気がいる作品が多い。でも、読んでみると日本の小説と違った面白さがある。 今回は、文庫本一冊で読める、はじめて海外文学を読むという方にも遠慮なくお薦めできる海外文学を紹介したい。 以前より、このブログの「海外…

死ぬまでに読みたい海外文学の名作100選

海外文学が好きだ。他国の歴史や文化を感じることができるからだ。そして、なんといっても海外文学を読んでいると、文学批評から歴史まで、いろいろな知識がつながるのが良い。教養人になった気分になるし、実際けっこう教養が身についているんじゃないかと…

ガルシア・マルケス『百年の孤独』で海外文学の陶酔に浸るーラテンアメリカの熱情と魔術的幻想の神話

ガブリエル・ガルシア・マルケス「百年の孤独」という作品がある。同名の酒の元ネタである(多分)。 この作品は、「20世紀の傑作」ランキングなどでたいてい上位にランクインする作品(特に新潮社のランキングでは第一位にランキングしている)であり、その…

ガルシア・マルケス『予告された殺人の記録』登場人物まとめ

中南米の文学は、しばしば登場人物の名前への馴染みのなさゆえに読解に難儀する。 このガルシア・マルケスの傑作とて、例外ではない。 私自身の便宜も兼ねて読解の助けとするために登場人物をまとめたので、適宜読書の助けとしていただければ幸いである。な…

緻密な悲劇的ミステリー ガルシア・マルケス『予告された殺人の記録』あらすじ・感想

「予告された殺人の記録」は、1982年のノーベル文学賞受賞作家、ガルシア・マルケスの中編である。ガルシア・マルケスといえば『百年の孤独』の存在感が強すぎるが、この作品は作者自身が最高傑作と述べているほど、緻密に組まれた名作である。今回は、この…