不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc... 不定期更新

中南米文学

【長編】海外文学のおすすめ100選ー読書の道しるべー(新潮社『考える人』2008年春号より)

なぜだかこのブログを書き始めたりTwitterで読書アカウントをつくったりしてから、海外文学にはまってしまった(もともと全く読まなかったわけではないが)。 だが、どの本を読めばいいのかいまいち検討がつかない。 そんな中、新潮社『考える人』2008年の春…

ガルシア・マルケス『百年の孤独』で海外文学の陶酔に浸るーラテンアメリカの熱情と魔術的幻想の神話

ガブリエル・ガルシア・マルケス「百年の孤独」という作品がある。同名の酒の元ネタである(多分)。 この作品は、「20世紀の傑作」ランキングなどでたいてい上位にランクインする作品(特に新潮社のランキングでは第一位にランキングしている)であり、その…

ガルシア・マルケス『予告された殺人の記録』登場人物まとめ

中南米の文学は、しばしば登場人物の名前への馴染みのなさゆえに読解に難儀する。 このガルシア・マルケスの傑作とて、例外ではない。 私自身の便宜も兼ねて読解の助けとするために登場人物をまとめたので、適宜読書の助けとしていただければ幸いである。な…

ガルシア・マルケス『予告された殺人の記録』あらすじ・感想ー緻密に組まれたラテン世界の悲劇的ミステリー

「予告された殺人の記録」は、1982年のノーベル文学賞受賞作家、ガルシア・マルケスの中編である。ガルシア・マルケスといえば『百年の孤独』の存在感が強すぎるが、この作品は作者自身が最高傑作と述べているほど、緻密に組まれた名作である。今回は、この…