不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc... 不定期更新

映画

アメリカの国民的小説! ハーパー・リー『To Kill a Mockingbird(アラバマ物語)』を読む【あらすじ・感想】

20世紀に書かれた最高の英米文学は? というランキングで、たいてい上位に君臨するのは、『ユリシーズ』とか『怒りの葡萄』など日本でも馴染み深い本である。 だが、アメリカ人がこのようなランキングを作成すると、たいてい上位に『To Kill A Mockingbird』…

荒木飛呂彦『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』が面白いージョジョの作者はホラー映画に「癒される」?!

荒木飛呂彦『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』を読んだ。著者はご存知の通り、「ジョジョの奇妙な冒険」の作者である。 この本は、「ホラー映画の入門書」「おすすめのホラー映画の載ったハンドブック」としても面白いし、また、荒木飛呂彦先生がどのような…

映画「パラサイト 半地下の家族」を考えるー節度と思いやりー

映画「パラサイト」を今更ながら見た。伏線回収が巧みで、なおかつ展開の読めない点。韓国映画ならではの舞台設定など、つくりのうまさに感嘆した映画であった。 この映画について通り一遍の考察はすでにしつくされているだろうから、自分なりに何を考えたか…

映画「彼らは生きていた」They Shall Not Grow Old 感想ー理解されえぬ戦場の悲惨さー

映画「彼らは生きていた」They Shall Not Grow Oldを見たので、感想を記す。 作品概要 作品の特徴 あらすじ 感想 photo by Unsplash