不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc... 不定期更新

社会学・社会心理学

新型コロナウイルスと共に蔓延する「公正世界仮説」の怖さ

「公正世界」の功罪 少し、悲しくなる出来事があったので記しておきたい。 現在新型コロナウイルスの感染拡大の中で、外出自粛が要請されている。思いがけない副作用として、おかげで交通事故が減っていると聞く。しかし交通事故が起きてしまうのも事実であ…

知られざるドイツ文化の一面に迫る!?―篠田航一「ヒトラーとUFO 謎と都市伝説の国ドイツ」書評・感想

平凡社新書はけっこうおもしろい本が多いと思っていて、本書もその一つである。 副題に「謎と都市伝説の国ドイツ」とあるように、本書はドイツの都市伝説について記した本である。「ヒトラーが宇宙人と接触していた!!」みたいな内容ではないのでご注意いた…

【書評・感想】「『現代思想』2016年10月号 緊急特集 相模原障害者殺傷事件」を読む

昨日、相模原障害者殺傷事件の植松被告に死刑判決が下ったことで、自分の胸に去来することについて書きつらねた。 moriishi-s.hatenablog.com だが、しっかりとこの事件についての論評を読むことも大切なのではないかと考え、今更ながら「現代思想 2016年10…