不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc.

無料のはてなブログでamazonアソシエイトの審査に通った方法

記しておく必要があるので、以下の内容を明示しておきます。

当ブログはAmazon.co.jpを宣伝することによってサイトが紹介料を獲得できるプログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です

私にブログで稼いでやろう!という気はそこまでなく、単純に私が好きなものを宣伝したいという目的でこのブログを始めたのですが、よく考えれば「宣伝」したいという目的は一般的なアフィリエイトブログと変わらないものであると気づきました。

 

というわけで、興味本位でamazonアソシエイトプログラムの申請を行った結果、あっさりと審査に通ったので、その顛末を記しておこうと思います。

 

amazonアソシエイトの審査は通りにくいなどと言われていますが、以下のことを守れば、ブログ継続3日程度で審査は通るのではないかと思います。

用意すべきブログ

amazonアソシエイトには、以下のような説明があります。

すべてのサイトは(広告が削除されても)問題ないようなオリジナルのコンテンツが必要です。 記事数の目処として約10件の記事をご用意ください。 審査対象のウェブサイトやアプリケーションは公開されており、アクセス可能である必要があります。閲覧に制約があったり、有料コンテンツがあるような場合は参加することができません。
コンテンツ内容

ここで重視されるのは「オリジナルのコンテンツ」であることです。

広告のリンクのみをひたすら貼っているようなブログではだめだということですね。

しっかりと商品をレビューし、宣伝できるような記事が必要ということです。

 

必要な記事は10件ほどと書いてありますが、実際に記事は10件ほどで大丈夫です。ただし、うち半分以上は中身のある記事である必要があると思います。

 

amazonにとって、amazonアソシエイトの参加者は自分たちのビジネスの協力者なわけですから、amazon側に有益だと思わせる記事づくりをする必要があります。

そのような記事が「中身のある」記事です。

 

私は、amazonアソシエイトの審査に通すことを意識して、審査を送った直後に下の記事を書きました。

moriishi-s.hatenablog.com

「自分のブログを審査に通すこと」がこの記事の第一目的であったとは思われたくないのですが、以下のものを意識して記事に挿入しました。

こんな感じの記事が複数あるブログであれば、おそらく審査に通ると思います。

検索されるブログであること

ここで、次の文言にも注意しましょう。

閲覧に制約があったり、有料コンテンツがあるような場合は参加することができません

有料コンテンツなどを用意しているブログは少数派だと思いますが、そうでなくてもこの一文は大多数にとって他人事ではないです。ブログ初心者の落とし穴は、「自分のブログを検索してもヒットしない」という事象です。

 

このような場合、「閲覧に制約がある」として審査に通りません。そんなブログに宣伝効果はないので当然ですね。

 

「ヒットしない」現象を解決するのが、「Googleサーチコンソール」というツールです。面倒ですがこれの設定をし、自分のブログを検索エンジンでヒットするようにしましょう。

search.google.com

はてなブログの場合

私の利用しているはてなブログの場合、アフィリエイトを利用するにはブログの「連絡先を明示」する必要があります。

連絡先として表示する情報は、恒常的に受信できるメールアドレスなど、誰でも直接連絡が取れるものとしてください。コメント欄やSNSアカウントへのリプライなど公開での投稿、SNSのフォロワーや特定サービスの登録者のみが利用できるダイレクトメールやメッセージ機能などは連絡先とみなしません

amazonアソシエイトの規約では特に求められていなかったと思いますが、他のブログサービスでも連絡先の開示は信頼性を得ることにつながるので、明記したほうが好ましいような気がします。

 

また、私の場合はてなブログの無料版を利用していますが、そのままではデザイン的にちゃんとしたブログに見えないと思われる気がしたので、デザインも今のものにいじりました

(なおスマホ版は、重いので審査後に初期デザインに戻したりもしています。)

 

また、はてなブログamazon商品紹介」をアソシエイトに登録する前から貼ることができます。

ブログ初心者でも「amazon商品紹介」を各所に配置することができたので、amazonにとって有益な記事を書くことができ、審査に通ることにつながったのではないかと思います。

 

ただし、このリンクはアソシエイト登録前だと「はてなブログ」に報酬がいくリンクになっているので、審査が通ったら面倒ですがリンクを貼りなおしましょう

amazonアソシエイトのリンクを貼りなおす方法

デフォルトでは、はてなブログamazonアソシエイトIDである「hatenablog-22」が、リンクに挿入されています。

これを、自分のID(〇〇-22)に置換してしまえばOKとなります。

HTML編集画面でのコードををWordに一旦コピペしホーム>編集>置換で「hatenablog-22」を自分のIDに変更すれば完了となります。

この作業は面倒なので、できればブログをはじめて早いうちにamazonアソシエイトの審査に通りたいですね。

 

amazonアソシエイト開設・登録

ここまできたら、amazonアソシエイトのアカウントを作成してしまいましょう。

 

amazonの普通のアカウントを持っていない場合は、「普通のアカウント」を開設しましょう(▼普通のamazonへのリンク)。

ただし、この「普通のアカウント」で、全く購入履歴がないと審査に通らないという噂があります。 少なくともクレジットカード情報を登録しましょう。

 

私はKindle Unlimitedの無料体験期間中(他の購入履歴はなし)で審査に通ったので、何も買わずに審査に通りたいのならKindle Unlimitedへの初回30日無料登録がおすすめです。

ここまでの内容は、amazonの普通のアカウントを持っている方々は飛ばしてしまって構いません。

Amazonアソシエイトのアカウントを作る

次に、amazonアソシエイトのアカウントを作ります。

amazonの「普通のアカウント」と「amazonアソシエイトのアカウント」は別物であるので注意しましょう。

 

▼「amazonアソシエイト」のアカウントは、こちらのページから作ります。

affiliate.amazon.co.jp

ここで、「アカウント情報」を登録したら、いよいよwebページの登録です。

 

「webサイトの入力」をし、あとは記入事項を埋めていくだけです。

サイトについての説明などが求められますが、私は次のように書きました。

書評を中心とした雑記ブログです。私が良いと思った商品や、Kindle Unlimitedなどのサービスについて紹介したいと思っています。

若干amazonに媚びましたが、文字数としてはこのくらいでも全く問題ありませんでした。

審査結果

翌日の昼にメールで通知が来ました。あまりにあっさり通過して拍子抜けしました。

注意点

amazonアソシエイトは、商品を紹介した場合に紹介料が入りますが、自分で宣伝したものを自分で買っても報酬になりません。残念!

 

あとは、別のサイト(審査を受けていないサイト)に商品リンクを張ると、アカウント停止処分を食らうらしいので気を付けたいところです。

おわりに

私の場合アフィリエイトは、少しでも報酬がもらえればラッキーという程度の心持ちでやっていますが、アフィリエイト収入に興味がある場合はとりあえずランニングコストのかからない無料のはてなブログから始めてみるといいのではないかと思います。