不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc.

エッセイを書いていこうと思う

エッセイと書評のブログにしていきたい

エッセイ風に書評を書いていこうと思う

そもそもこのブログをはじめたのは、なにかアウトプットすることは自分にも役立つだろう、と思ったことに始まる。だから、自分の思考をまとめることを最初は目的としていた

特に重視していたのは、読んだ本・マンガや、聞いたアルバムについて言語化していくことである。

 

しかし、書評というものは結構時間がかかるものであるということにだんだん気が付いた。

書評をしっかりと書くのは確かに役立つ経験であるが、そこに時間をとりすぎると、当初思い描いていたようなアウトプット量は望めなくなってしまう

また、私は本来的に読書をするの人間なのだが、書評を書くことによって読書時間が減ってしまうのは本末転倒の感がある

 

だから、今後はもうちょっと気楽にエッセイを書く感じで、書評を書く感じにしていこうかな、と思っている。

「あらすじ」なども今までは結構丁寧に書いていたが、今後は少し大ざっぱでも妥協してしまうかもしれない。

「800字エッセイ」を書いていこうと思う

それと、もう一つ。思うようなアウトプット量を書評だけでは手に入れることができなかったのは、上に書いた通りである。

だから、エッセイを書きたいと思うのである。

 

ここでは「800字エッセイ」と称して、800字で日常について書いていきたいと考えている。

なぜ「800字エッセイ」を書こうと思うのか

今私は、新大学院生という身分である。

将来は研究者という仕事を志すかもしれないが、早くも少し現実的ではないかもしれないと考え始めている。

就職活動をするとしても、院卒がデメリットにならないのは出版・マスコミくらいだと思う。もっとも、そんなことは承知の上である。私は、民間企業なら出版・マスコミ系の仕事に就きたい。

だとすると、就職試験で800字の作文を課す企業は多い。

 

文章力に不安があるというわけではないが、対策するに越したことはない。

だから、私はこのブログで「800字エッセイ」として作文の練習をしようと思う。

 

それに、私は将来的に小説を書きたいとも思っている。しかし、それを現実のものとして考えたことは今まであまりなかった。

今からでも遅くないから、創作活動の足しにするためにも800字エッセイを書いていこうと思っている。

 

駄文の積み重ねになってしまうだろうが、少しでも読んでいただければ幸いである。

moriishi-s.hatenablog.com