不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc.

無料のはてなブログでGoogleアドセンスの審査に通った方法

ブログの趣旨にはあまりそぐいませんが、先日googleアドセンスの審査に通ったので、一応その顛末を記しておきます。

 

このブログはAmazonアソシエイトにはすでに参加していたのですが、これでGoogleアドセンスにも参加できることになりました。もうこれ以上アフィリエイトを整備することはないので、これからはひたすらコンテンツの充実を目指します。

▼参考記事

moriishi-s.hatenablog.com

無料のはてなブログでもGoogleアドセンスに通る

インターネット上にはGoogleアドセンスに通る条件として「独自ドメイン」があるという噂があります。

ですが、調べてみると独自ドメインでない無料のはてなブログでも審査に通ることはあるという先駆者の方の記事がちらほらあったので、私も試してみました。

結果として、無料のはてなブログでも審査に通ることが証明できました。

 

しかし、独自ドメインなしで申請するのは、推奨されていないのは確かです。

 

なお、審査には2週間弱かかりました。新型コロナウイルスの影響で審査が通常より遅延したというのもありそうですが、私のブログはかなり審査の当落線上にあったのではないかとも思います。

審査通過時点のデータ

あまり参考にならないと思いますが、一応審査に通るまでの記事のデータを載せておきます。

審査に通るまでのデータ

  • 記事数:64記事
  • 記事の平均文字数:1000文字以上。半数くらいの記事は3000千字くらい。
  • 平均pv:50-100/日
  • ブログ歴:3か月くらい
  • 独自ドメイン:なし(moriishi-s.hatenablog.com)

おそらく第一に重要なのはコンテンツの量でしょう。

私は幸運なことに審査一発目で合格したので比較できないのですが、50記事くらいは求められるのではないかという気がします。もしかしたらそんなに必要ないのかもしれませんが、一応これくらいが基準になるような気がします。

 

はやく審査に受かりたいなら、とりあえず審査を受けて回数をこなすのもいいともいますが、あまり不合格になるのは気分がよくないですしね...... これは、ブログ主の性格が出るところだと思います。

 

ちなみに、審査に通った時に、このブログで一番読まれていた記事は次の記事でした。記事のボリューム感の参考になれば幸いです。

ちょうど新型コロナウイルスが流行っている時期だったんですね。

moriishi-s.hatenablog.com

気を付けた点

次に、気を付けた点を書きます。

 

まず第一に、プライバシーポリシーを書きました。

moriishi-s.hatenablog.com

PCから見た場合だと、グローバルナビから「ブログについて」>「このブログについて」からこの記事に飛ぶことができるので、比較的わかりやすいと思います。

また、サイドバーからも飛ぶことができます。

 

スマホだと少しわかりにくいですが、一番下までスクロールすればサイドバーが見れるようになっていると思います。

 

また、同様に「問い合わせ」も用意しました

著作権には気を付けた

他に気を付けた点としては、著作権です。このブログは著作権にはかなり気を付けています。

 

このブログではマンガのキャラクターなどを紹介することもありますが、その際には必ずマンガなどの表紙を使っています。

 

▼例。サムネイルもマンガの表紙を利用している。

moriishi-s.hatenablog.com

本来マンガなどの表紙を掲載するのも著作権的にはNGなのですが、「アマゾンなどの商品リンクを貼る場合は商品の写真(本の表紙など)を掲載しても問題がない」という著作権上のルールを利用しています。 

商品への直のリンクになるので、問題にならないのというわけです。それにアマゾンに利益誘導しているわけですし笑。

 

また、当然ながら、商用フリーの画像以外もこのブログには掲載していません。

 

Googleアドセンスの審査は、スタッフの方が目視で行うので、このような違反は見逃されることはほぼないと思います。その点で、ブログ開設当初から著作権に気を付けていたのは役立ちました。

Googleアドセンス審査後に何をするか

とはいえ無料のはてなブログだと、元々はてなブログ側の広告枠があるため、むやみにアドセンス広告を貼りまくるのは好ましくないでしょう。

 

「自動広告」は当初はオンにしていたのですが、スマホからだとかなり広告が多くなる印象を受けたので、オフにしました。

(もちろん、報酬をより多く得たいならオンにするべきですが、後述のように報酬が微々たるものだったので。)

 

代わりに、記事内に1記事あたり1つの割合で「ディスプレイ広告」を入れています。(はてなブログだと、他の広告方式はうまくいかないようです)

 

まだよくわからないことが多いですが、おそらくこのような形で続けていくことになると思います。

 

<2020年4月24日追記>

この記事では「無料のはてなブログでもGoogleアドセンスに通った」ということをお伝えしてきましたが、それは「無料のはてなブログでもGoogleアドセンスで報酬を得られる」るという意味ではありません

「書評ブログ」がGoogleアドセンスで報酬を得るのはなかなか難しいと聞いていたので、別のジャンルなら違うのかもしれませんが、少なくとも私のブログが最低報酬額に届く日は来そうにないです笑。

おわりに

広告が多くうざったいかもしれませんが、どうぞ当ブログをよろしくお願いいたします。

あくまでアフィリエイトは副次的なモチベーション維持方法として、これからもブログを書いていきたい所存です。

 

▼関連記事

moriishi-s.hatenablog.com