不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc.

前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』感想・書評ー「バッタ研究者」奮闘の裏の悲壮な現実

私は大学院生である。それも、世にも珍しい文系大学院生である。

文系大学院生になってから、いつになったら定職に就けるのか不安で不安で仕方がない。ならば大学院など行かなければ良いではないかといわれそうだが、そういわれるとしんどい。

大学院生は大半が研究者(研究職、大学教授など)を目指すわけだが、その競争は熾烈を極める。ポストを得るためならなんでも体を張るという世界である。そんな世界に足を踏み入れてから、前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)が、全く「荒唐無稽な本」とは思えなくなってきた

面白おかしく見える筆者の行動は、すべて「悲壮な覚悟」の上に成り立っているとしか見えなくなってしまった。そんな個人的なバイアスがかかった感想文であるが、書いていこうと思う。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

作者・前野ウルド浩太郎とは何者か?

この本、まず表紙からして突っ込みどころが多い

 

「突っ込みどころが多い」というのは、会社のプレゼンの資料などには許されないだろうが、出版の世界においては必ずしも悪ではない。むしろ素晴らしい点である。

そこで「なぜ?」と思わせ、読者を引き込ませる必要があるからだ。(もちろん、読了後にも突っ込みどころが解消されないのであれば、それは出版の世界でも許されない)

 

さて、本書の表紙の突っ込みどころであるが、まずタイトル「バッタを倒しにアフリカへ」からして興味をそそる。その行動原理が、一般人には理解できないからである。

 

では、この本は誰が書いているのか、というと、前野ウルド浩太郎という人物である。

 

誰だよ!! ウルドってなんだよ!! 写真に写ってる人、アフリカ系の血を引いてるようには見えないんだけど!! っていうか、そもそも何でバッタの恰好してるの???

 

ーーという突っ込みを、咄嗟に入れたくなるだろう。少なくとも私はエア突っ込みを書店で入れた。

 

そんな突っ込みどころは、全て綺麗に本書で解決される。そして、晴れて読者は本を閉じ、この本を本棚に仕舞うことができるのである。

そのような意味では、表紙から最後までの伏線の回収が華麗な本である。

 

なぜ「アフリカ」に行くのか

少し、この本の内容についても触れておこう。

 

前野氏は、れっきとした博士号の学位を持っている「博士」である。

そんな彼は、実は、もともとはフィールドワークのフの字も知らないような「ガチガチの研究室人間」だった

 

だが、なぜ研究室とは正反対のアフリカに行ったのか?

 

答えは、就職のためである。

 

アフリカに職があるわけではない。だが、誰もやっていない研究をそこですることによって、研究者としての成果を上げ、日本で研究者として定職に就く必要があったのである。

それができなければ、安定した職には一生つけない。

 

著者の場合、職に就くまでにアフリカで3年もの間を過ごす必要があったのである

そして、名誉ある「ウルド」という名前を授けられるほど、現地モーリタニアの生活に習合し、認められた。これが「ウルド」という名前の答えである(これについてはもっとたくさんのエピソードがあるので、ぜひ本書で確認してほしい)。

 

さて、この話は普通に見てしまえば「美談」なのだが、裏を返せば、そこには日本のポスドクの厳しさがある

失礼かもしれないが、前野ウルド浩太郎氏の無尽蔵の活力の源は、他でもない、「生活苦」なのではないかと邪推してしまう。

 

ポスドクの人生の厳しさは、こんな本が出ていることからもわかるが、ある意味「バッタを倒しにアフリカへ」は、ポスドクという地位の危うさを最も理解できる本でもある

おわりに 

「バッタを倒しにアフリカへ」は、そんなポスドクの奮闘記である。

 

今更になったが、この本は多くの人々が感想として挙げているように、めちゃくちゃ面白い

書き出しなんて、なんというか、ズルい。面白すぎる。

100万人の群衆の中から、この本の著者を簡単に見つけ出す方法がある。まずは、空が真っ黒になるほどバッタの大軍を、人々に向けて飛ばしていただきたい。人々はさぞかし血相を変えて逃げ出すことだろう。

その狂乱の中、逃げ惑う人々の反対方向へと一人駆けていく、やけに興奮している全身緑色の男が著者である。

こんな面白い体験記を世に送り出してくれた著者と、そのような著者を生んでくれた今の日本のポスドクの競争の激しさには、感謝する。

 

だが、冒頭にも述べたように、著者がアフリカ行きを決めたうらにはどんな「悲壮な覚悟」があったのかーーそんなことを想像すると、この本は純粋に笑える本ではないという風に思ってしまう。

いつか、純粋にこの本を笑い飛ばせる日が来ることを願って。

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

▼作中にも登場していたが、前野ウルド浩太郎氏は、アフリカ滞在中はてなブログを書いていた。この点も親近感がわく。

otokomaeno.hatenablog.com

▼こちらの単行本版は、やや専門的な内容を含む。「バッタを倒しにアフリカへ」に興味を持った方にお薦め。

▼「バッタを倒しにアフリカへ」同様、研究生活をつづったエッセイとしては、講談社現代新書のベストセラー「生物と無生物のあいだ」がある(文体などの趣向は異なるが)。

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

  • 作者:福岡 伸一
  • 発売日: 2007/05/18
  • メディア: 新書
 

▼2020年5月22日追記

『バッタを倒しにアフリカへ』は児童書にもなった。この本は非常に面白いし子どもたちに夢を与える本だと思うので、児童書化は素晴らしいことだと思う。

しかしながら、この記事で述べたようなポスドクの悲壮感」という観点を見過ごしてウルド氏の話を「美談」としてしまうのはどうなのだろう、という気もしなくはない(余計なお世話だったら非常に申し訳ない)。

ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ

ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ

 
 
「高学歴ワーキングプア」からの脱出 (光文社新書)