不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc.

「死を思う」今だからこそ、聴きたいUKロックの名曲ーThe Drugs Don't Work(The Verve ザ・ヴァ―ヴ)

最近全く洋楽関連の記事を書いていないので、洋楽について。

新型コロナウイルスの影響で、身近に「死」を感じることが多くなったように思う。

身近な人が病に倒れ、死にゆく運命につくこともあるかもしれない。

 

そんなことを思いながら、The Verve(ザ・ヴァ―ヴ)の名曲The Drugs Don't Work(ドラッグス・ドント・ワーク)を思い出した。


The Verve - The Drugs Don't Work (Official Video)

イギリスの儚さと美しさ

まずは「The Drugs Don't Work」という曲について説明する必要があるかもしれない。

この曲は、The Verveの3枚目のアルバムUrban Hymns(アーバン・ヒムス)からの2枚目の先行シングルとして、1997年9月1日ーーダイアナ妃が事故で亡くなった翌日ーーにリリースされた曲である。

 

そして、全英チャート1位を獲得した曲である。

 

なお、アメリカではシングルとして発売されていないためチャート入りしていないが、仮に発売されていても絶対に1位は取れなかっただろう。

(収録アルバムUrban Hymnsはアルバムチャートで全英最高1位、全米最高23位である。)

 

このアルバム、そしてこの曲は、非常にイギリス的な曲なのではないかと思う。

イギリスのロック(UKロック)は、島国の陰鬱さを持つと言われる。このアルバムは、その陰のある儚さと美しさを伝えている。

 

アメリカ的」でなく「イギリス的」な音楽とは何たるかを知ることができるのはこの曲である。

 

この曲は「ドラッグソング」なのか

ややアルバム紹介に話が逸れた。

 

「ドラッグス・ドント・ワーク」という曲名を見て、「薬が効かない」という薬物中毒患者の歌かと思う方もいるかもしれない。

 

実際にこの曲を描いたボーカルのリチャード・アシュクロフトは薬物中毒だった時期があり、彼の再起を促すためにノエル・ギャラガーCast No Shadowという曲を書いている。(「(What's The Story) Moning Glory?」の8曲目)


Oasis - Cast No Shadow (Official Lyric Video)

 

ーーだが、この曲は、薬物中毒の歌ではない。

 

冒頭でも述べたように、病気に侵されてもう薬も効かないような、最愛の人に贈るラブソングなのである。

ラブソングというのはもちろん広義のラブソングで、両親・祖父母などの家族に向ける歌でもある。

 

ーーもう薬は効かない、むしろ薬はあなたの体を悪くするだけかもしれない。

だが、私はあなたの顔を何度でも見にこよう。ーー

 

愛する人の別れと、愛をここまで儚くも美しく歌った曲があるだろうか。

 

この曲より美しい曲に、私は未だに出会っていない。 

The Drugs Don't Work

The Drugs Don't Work

  • アーティスト:The Verve
  • 発売日: 2000/01/01
  • メディア: CD
 

 ▼収録アルバム「Urban Hymns」。イギリスの歴史上18番目に売れた名盤である。

アーバン・ヒムズ(20周年記念デラックス・エディション)
 

▼アシュクロフトについてノエルギャラガーが書いた「Cast No Shadow」が収録されたOasisの「(What's the Story)Moning Glory?」。こちらはイギリスの歴史上5番目に売れた超名盤である(2020年現在、出典)。

モーニング・グローリー デラックス・エディション

モーニング・グローリー デラックス・エディション

  • 発売日: 2014/09/24
  • メディア: MP3 ダウンロード