不眠の子守唄

書評ブログ。たまに洋楽や美術館。読書は海外文学・新書・古典etc.

主人公ムルソーは「サイコパス」? それとも「正直者」?ー不条理文学の金字塔・カミュ『異邦人』考察

ボーガンによる殺人事件というニュースを見た。亡くなられた方のご冥福をお祈りする。

不謹慎ながら、私がボーガンと聞いて思い出すのは、ドラマ『相棒』Season1 第5話「目撃者」という話である。

小学校周辺で起きたボーガンによる殺人事件を題材とした話なのだが、非常に印象深い登場人物が登場する。子役時代の染谷将太演じる小学生・手塚守という人物である。

 

彼は『相棒』シリーズの中でも最年少に近い証人なのではないかと思うが、非常にませている小学生なのである。

特に印象的なのは、カミュの小説『異邦人』の主人公・ムルソーはどのような人物だと思うか? と亀山たちに問うシーンである。

 

手塚守は、「主人公は正直者だと思う」と答える。――この読みは、私は全く正鵠を射た指摘であると思う。

今回は、この『異邦人』について書いてみたい。

異邦人 (新潮文庫)

カミュ『異邦人』あらすじ

まずは『異邦人』のあらすじを軽く紹介しよう。

第一章

きょう、ママンが死んだ。

という有名な書き出しから、物語は始まる。

 

養老院で生活していた主人公・ムルソーの母が亡くなったのである。

しかしムルソーは悲しまない。ムルソーは、淡々と葬儀を済ませる。

ムルソーにとって、死んでしまった人はもう価値を持たないのである。

 

葬儀の翌日、ムルソーは海に泳ぎに行く。そこで彼はかつての同僚マリイ・カルドナに出会う。

これを機にムルソーはマリイと仲を深め、海水浴の後にコメディ映画を観に行き、関係を持つようになる。

ムルソーとマリイは交際を始めたが、ムルソーはマリイに性欲は感じても愛することはない。

マリイは、あなたは私を愛しているかと尋ねた。

それは何の意味もないことだが、恐らく愛していないと思われる――ち私は答えた。

その後、ムルソーの隣人・レエモンが女性と騒ぎを起こす。

ムルソーはレエモンに頼まれ、女性が浮気をしていたからだと証言し、おかげでレエモンは警告を受けるだけで済んだ。

しかしこの一件以降、レエモンは彼女の兄弟やその周囲のアラブ人から因縁をつけられるようになる。

 

ある週末、レイモンはムルソーとマリイを海に誘うが、そこでレエモンは件のアラブ人と喧嘩沙汰になってしまう。レエモンは、刃物でけがをする。ムルソーは、レエモンが騒ぎを起こさないように彼のピストルを預かる。

 

レエモンをヴィラに送り届け、ムルソーはまた浜辺へと向かう。その日は酷く暑かった。

ひかりと波のしぶきのために、眩くようなまろい暈に囲まれた岩の、小暗い影が、遠くから見えた。

私は岩かげの涼しい泉を思った。その水のつぶやきをききたいと思い、太陽や骨折りや女たちの涙から逃れたいと思い、それから、影と憩いとをそこに見出したいと願った。

ところが、そばまで行ったとき、私は、例のレエモンの相手がまた来ているのを見た。

(中略)

自分が回れ右をしさえすれば、それで事は終わる、と私は考えたが、太陽の光に打ち震えている砂浜が、私のうしろに、せまっていた。

 例のアラビア人は、ムルソーに刃物を向ける。

刃物が日光を反射し、ムルソーの視界がゆらめく。

私の全体がこわばり、ピストルの上で手がひきつった。引き金はしなやかだった。

ムルソーはアラビア人を殺してしまう。

そして、ムルソーは動かないアラビア人の死体にさらに4発の銃弾を撃ち込んだ。

第二章

ムルソーは逮捕され、裁判にかけられる。

 

そこで検事から問題にされたのは、ムルソーは、アラビア人殺害にいっさいの半生の意を示さないこと――そして、母親の死に対しても一切の感受性を示さないことであった。

 

母の死に際してのムルソーの行動は問題視される。

検事は言う。

あの犯罪(注:ムルソーの裁判の次に裁判が開かれる父殺しの犯罪)のよびおこす怖ろしさも、この男の不感覚を前にして感ずる恐ろしさには、及びもつかないだろう

――そして、検事はムルソーに死刑を求刑する。

 

ムルソーは弁護人の弁護の前に、自分自身で殺人の動機を話すよう裁判長に求められると、こう答える。

それは太陽のせいだ

弁護士は肩をすくめた。

 

そして、ムルソーは求刑通りの判決を下される。

 

死刑囚となったムルソーのところに、司祭がやってくる。

司祭はムルソーに改悛を求めるが、ムルソーは「神を信じていない」と言い、司祭に対して「自分は正当である」という。

 

そして物語は次の一文で締めくくられる。

すべてが終わって、私がより孤独でないことを感じるために、この私に残された望みといっては、私の処刑の日に大勢の見物人が集まり、憎悪の叫びをあげて、私を迎えることだけだった。

 

ムルソーは正直者か?

さて、冒頭に紹介した『相棒』での手塚守の発言であるムルソーは正直者である」という解釈について検討してみたい。

 

ムルソーは「不条理」な人物である

――しかし、「太陽がまぶしかったから」という有名な台詞のせいでしばしば誤解されがちなのであるが、ムルソー支離滅裂な行動をしているわけではない

 

ムルソー自身の中は、筋の通った行動をしているのである。

ただしそれは一般常識とはかけ離れているから、この小説は「不条理小説」とされるのである。

身体に忠実なムルソー

ムルソーの性格の一つの特徴としては、身体的感覚に忠実であることが挙げられる。

 

あらすじでも述べたように、ムルソーはマリイに欲情するが、そこに愛情はない

そして、暑ければけだるさを感じて周囲に関心を払わなくなる。

結局のところムルソーは涼しい場所に行きたくてアラブ人を殺害したのである。

 

ここには一貫した行動原理がある。

ムルソーはたとえ相手に怪訝に思われようとも、「正直」に行動する

 

そう、ムルソーは正直者なのである。

死刑を受け入れるムルソー

ムルソーは何も自分についての虚飾を行わない。ゆえに死刑になる。

 

ムルソーは、後悔の念を少しでも示しさえすれば死刑になることは絶対になかったであろう。

あるいは死体に4発の弾丸を撃ち込んだ理由を少しでも説明しただけで、死刑を免れたかもしれない。

それに、死刑囚となった後も改悛すれば減刑されることも十分にありえただろう。

 

だが、ムルソーは死刑を受け入れるのである。

まるで自己の哲学の元に死刑を受け入れた哲学者・ソクラテスのように。

ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)

ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)

 

自分の死が迫っても、ムルソーはいとも単純にあきらめる。

 

自分自身死刑直前に恩赦を受けたという体験を持つドストエフスキーの小説『白痴』で描かれているような、時の決まった「死」へ向かうことが一番残酷だとされている一般的な感覚と、全く異なるのである。

『異邦人』をドストエフスキーが読んだら、どう思ったのだろうか。

白痴1 (光文社古典新訳文庫)

白痴1 (光文社古典新訳文庫)

 

「異邦人」ムルソー

以上で見てきたように、ムルソーは、自分自身の論理に従って行動していている。

ムルソーサイコパスだとよくいわれるが、一応彼の行動原理が理解できないこともない。

 

しかし、ムルソーの行動原理が世間一般の常識と適合することは断じてない

 

だからこそ、ムルソーは社会から見て、得体のしれない「異邦人」(The Stranger)なのである。 

おわりに

最後に、冒頭で述べた『相棒』Season1第5話で、『異邦人』が果たした演出上の役割を考えてみたい。

 

この話で『異邦人』が出てくる役割は、何なのだろうか?

手塚守の「ムルソーは正直者である」という一面的な読みの正しさを示し、知能水準の高さを示しているというのは一つである。

だが、『異邦人』が登場する意味は何か?

――一つの解釈として考えられるのは、「他人と全く違う感受性を持っていることを悪びれない」ことの危険性を示しているのではないか、という考察だと私は思う。

 

ムルソーのように、一般常識で測れない「不条理」な生き方に憧れ、共感しても良い。だが、そのような生き方をしていたら、遅かれ早かれムルソーのような運命をたどる――そんなことが言いたかったのではないかと、私は思う。

 

相棒1期第5話「目撃者」、相棒シリーズ屈指の名作回です

 

『相棒』Season1第五話「目撃者」 
第5話「目撃者」

第5話「目撃者」

  • 発売日: 2019/05/01
  • メディア: Prime Video
 
『異邦人』(新潮文庫
異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

  • 作者:カミュ
  • 発売日: 1963/07/02
  • メディア: 文庫
 

関連カテゴリ

moriishi-s.hatenablog.com